ブログ

Blog

冬休みその2 2023/01/14

宮崎は年間通して過ごしやすい気温

冬休みは

美容学校訪問もあって宮崎、鹿児島にした

サンメッセ日南は海に向かっているので開放感抜群

家庭画報に掲載されていた鵜戸神宮

青島神社も海沿い

北国育ちの私には想像もしない立地です

開聞岳みて

世界文化遺産になつてる

島津斉彬の建造物見て周り

向かいは桜島

この日は天気が悪く桜島がこんな感じになってしまった、見えるかな?

宮崎から鹿児島まで6日間

ホテルは二勝三敗でした

レンタカーはパジェットレンタカー安かった

6日間で35000円也

いよいよ明日帰える

夏休みも鹿児島だった

やっぱり暑い所が好き

学校に行ったり明日は又別に

先生にも会ったりだけど

それは自分にとって当たり前の事だから

充実した冬休み

一足先に頂きました

スタッフに感謝です

ありがとうございました


英気を養う 2023/01/11

成人式お支度、終えて

冬休み頂いてます

旅のコンシェルジュ吉田さんに勧められた

高千穂峡

外国人が凄く多かった

遠く海外からくる価値があるのだろうと思う

それにしてもボート漕ぎが下手過ぎて進まず。

ホテルは校長オススメの

オーシャングランデ

これまでの人生で一番、温泉が良かったし

29階から見る宮崎の景色は最高だった

空いてるからと部屋ランクアップしてくれた

コスパ最高!オススメホテルです

二日目、今晩の宿泊先は画像見て温泉かと予約したら

ただのホテルだった

ガッカリ。

食事もその辺のランチみたいだった。

でも建物は隈研吾の設計のようでセンスは良い

失敗しました

求めているのは美味しい食事と温泉そしてセンスの良い部屋で三拍子。部屋だけでは、、、、、

旅は失敗の連続です

明日は鵜戸神宮に向いますいます


冬のオススメはコレ 2022/12/05

空気やエアコンなどで肌はとてつもなく乾燥している、きちんとケアしないと小ジワの元

コレは生ビタミンCを直接、肌に入れ込む

お風呂上がりは1秒も置かずに付けるのが大事

ビタミンは飲むのも付けるのもいい!

次はコレ

Diorじゃなくデサント

キャプは、自分のボーイッシュなファションに合う

通勤や運転時も常に日に焼けないようにキャプ。

デサントのキャプは翼の角度、トップの高さ

素材そしてプライスも何もかも気に入ってる。

そして食べ物は大豆

納豆は毎日、夜は湯豆腐

外出で気にかけてる事は喉を守る。

ハイネック着る、マフラーする

コレはユニクロの新しいウール

薄いのに暖かい凄くいい

華ことお揃い!

外側と内側、共に大事にする

少し喉が乾燥してる時は

氷砂糖に漬け込んだレモンと生姜そして

ハチミツ。コレだけでいい感じになる

ちょっと鼻が出るなぁという時は

葛根湯

巷では風邪薬が凄く売れてるらしいけど

葛根湯ドリンクはオススメです。

 

 

ラストはコンドルだ


ふるさと納税、菅前総理 2022/11/15

ふるさと納税は菅義偉前総理が総務大臣になった時に作ったシステム、

今や名もなき地方がこのふるさと納税システムにより10億も納入されたりしている。

いちご農家から総理になった菅義偉

地方出身で貧困の経験者だからこそ

地方の苦しみを知っていたからこそのこの発想だった

でもあの時

総務省、事務次官は一言

それは出来ません!と答えたから更迭されたと

報道陣はこぞって菅義偉を批判した

でも何年も経って

私達はこれによって

市県民税が下り!健康保健支払いが下がり

地方ならではの美味しいモノが食べられる

又災害などの応援も可能になった

まるで魔法のようなシステム

私のこだわりは

被災地や文化遺産などの応援。

今G7の中でも

最も給料が上がらない国、日本

政治家は苦労を経験した事ない人達ばかり

子供のように発言撤回の連日

これからの日本が心配

まずは自分に出来る事をと考える

 


フラメンコ大沼由紀講演 2022/11/02

大沼由紀さんの講演に行ってきました

oggi原宿店からのお客様で

本場スペインで学び

日本では数々の賞を受賞し今回も

福岡と東京での講演

4年ぶりの2回目

フラメンコは全くの無知ですが

観ている間中、胸が苦しくなる程の

激しさ

今回は前から3番目の席だったから

大沼さんの息遣いまで聞こえてくるようだった

苦しい顔、激しい表情、穏やかな笑顔、

いろんな表情の中でのダンスだった

こんなに激しい踊りがあるなんて驚きでしたでした

この凄い方が30年以上oggiに通ってくださってる

それも感動でした。

こんなお付き合いが出来る美容師という仕事って

本当に素晴らしいと思う


本の価値 2022/10/27

SNSやネットがもてはやされているけれど

私は好きしゃない

時間があれば本を読みたい

本屋も好きでよく行く

しかし

アホらしい本が多い

大した事じゃない内容を敢えて難しく書く作家とか

内容の薄い中身のない本など多く

私もアホでよくひっかかる

2000円位出してなにも得る事が無い時などは見抜けない自分にイラつく時もあるし

感動的な自分の人生を変える程の本に出会った時は

胸が震える

これ

コレはまさにそう

寝る前に毎日1ページ読んで心に留める

有名な人達も多くいるが

感動を与えたのは

職人の言葉だった

この仕事をしてるから。

この本は米国で長年ベストセラーだった本

要約すると

1.習慣を変える

2.人を仕事を愛する

3.全力で生きる

4.今日を人生最後の日と思って時を頂く

5.笑顔で

6.すぐに実行する

商売のうんちくかの本かと思ったら

人生の生き方の本だった

感動したから

単純な私は翌日から

実行している

 

 


3年ぶりのパリコレ、ギャルソン 2022/10/18

コロナ禍

日本在住のデザイナーは国内だけになり

2023年SWからやっとパリコレに復帰した

23才から着用しているコムディギャルソン

川久保怜は80代になっても自分でデザインする

デザイナーで心から尊敬し服も愛してる

大資本の傘下にも入らずこだわってきて

その生き方は

戦後の石油業界の

メジャーに入らずイランに買付に行った出光興産の出光佐三ようでカッコいいと思う。

自分では着れないし手が届かないけれど憧れの

デザイナーは

カールラガーフェルド亡き今は

ビィトンのニコラジェスキエール

珍しく球体があって面白かった

バックは流石、脇に抱えるタイプが流行ってるのかな?カッコよかった!

コレクションの見せ方がカッコよかったのは

サンローラン

最後、全員振り返るのご凄くカッコよかった

oggiでもやってみたいな

ウィメンズ

アンソニーバカレロは

エディスリマンの時より好きな感じ

美しく見張れた

特にショートのモデルが多く

73分けが多く

凄くカッコいい

それにしても今期は黒が多かったなぁ

ドリスバンノッテンは

ひたすら憧れだけ

好きでも見るだけ

古着でも買えない位高い

本拠地のベルギー行ってみたいと思う

コロナ終息したら。

 


熱海で友人とランチ 2022/10/04

oggi卒業した子は

スタッフではなく

友人になっていく。

今日は熱海で待ち合わせ

熱海だから当たり前かもしれないけれど

ここの鯛の煮付けは格別!

調子のいい時も

悪い時も

定期的に連絡が来てご飯を共にする

退社したら対等に友人として会うしあわせを感じてる。

oggiでちゃんと育った人たちはみんな

自信を持って生きていてカッコいいなと思う


BDご飯の準備 2022/08/30

夏生まれの佐々木くんのBDご飯(炊き込みご飯)

炊きながら

一夏ハマってた炭酸に入れるレモン漬けを

🍋

これの大事なところは

果糖ブドウ糖など一切入ってない炭酸を選ぶ事。

以前看護師の友人に言われたから守ってる。

炭酸は飲めなかったのに

この歳になって急に飲むとは人間って面白いですね

今、夏休みの大岸さんは常に炭酸飲んでます。

それにしても

佐々木くんって何が好きなのかと考えてもよく分からず。いつもパン食べてるけどパンは作れないから

炊き込みご飯

少しもち米も入れてみた

滝口くんのような美しい料理は出来ないけれど

これから揚げ物をやります!

タコ飯にタコ揚げ

くー上手くいくのかな?

 


ニョキにょき元気 2022/08/16

少し変わってるけどシンプルでかわいいと思って買ったら赤ちゃんが生まれて

真ん中にある!画像みて分かりますか?

朝起きて見るたびに伸びてて驚く。

こちらは1年前にナガイフラワーから購入して

ドライになり長生きしてくれてる。

これは買った時は不機嫌だったけど

このワインクーラー

結婚祝いにもらったけど一度も使用せず

この植物を入れてみたらなんと

居心地がいいようでニョキニョキ伸びて

葉っぱがこんなに広がった

この花瓶は16年前にソファ購入時に

安くしてと交渉したら

金額は出来ないけどコレあげると言われて頂いた花瓶でなんと、全て筆で手書きでした。

中の植物🪴はやはり家具屋からの頂きモノで

ふ!造花です

わかったかな?

これはベランダにいる

あまりに大きくなったから先日、植え替えてあげた

植物を部屋に置くのは嫌いだったけれど

コロナ禍になり

心が乾いてたのかな?

こんな風に自分が変わったのだから。

今は成長が楽しみで休日には水を上げて

声かけてる

コロナ禍、もう3年半

人間とはつくづく

環境に慣れていく生き物だと感じる

マスクも手洗いにも慣れて

行動も変えて来た

心は以前より

人に尽くしたいと強く思うようになった。


Blog TOPへ戻る

PAGE TOP